屋根・外壁のリフォーム屋根・外壁のリフォーム

image リフォームの大切さ image

お家の第一印象となるのは外観です。
美しい外観はやはり印象が良いものです。
ですが、屋根・外観をリフォームする理由は美観だけではありません。雨漏り・ひび割れ・腐食・カビなど…家族を守る家が劣化により危険にさらされてはいませんか?
劣化が進み過ぎてからのリフォームは、時間も費用もかかります。早めのご検討をおすすめ致しております。

image 屋根・外壁リフォームのポイント image

修繕の目安
10年サイクルが一般的ですが最初に使用している塗料や家の立地状態、地域の天候による例外などもあります。例えば10年経っていなくても塗装面を指でこすった時、指に塗料が付着する状態であれば塗膜が既に劣化してしまっている証拠です。(チョーキング)またモルタル塗りの外壁では地震や何らかの衝撃の影響で外壁面にひび割れ(ヘアークラック)が入ることもあります。
これも人の体と同じで傷口を開いたままにしてしまうとやはり家に悪影響を及ぼしてしまいますので早めの処置が必要です。
サイディング材の場合ですとひび割れ(ヘアークラック)はほとんど見受けられませんが、目地材などが劣化で裂けたり、切れてしまうこともありますのでこれもモルタル塗りの外壁と同様で早目の処置が必要です。
  • チョーキングチョーキング
  • ヘアークラックヘアークラック
  • 目地穴・目地割れ目地穴・目地割れ
  • セルフチェック
    建物が老朽化しているかどうかの判断は難しく、一般の方にはなかなか判断できません。しかし、パッと見ただけでも分かるものもあります。建物の外壁に下記のような症状が見られたら塗り替えどきかも知れません。
    外壁塗装の目安は、主に5~10年です。まずは、お住まいの外壁を見て、劣化状況を確認することをおすすめいたします。
  • セルフチェック

外壁の症状・状態をチェック

1つでも下記のような症状が出ているお宅は、プロにご相談ください!
外壁にひび割れがある / 外壁を触ると、手が白くなる / 外壁塗装が剥がれている / 外壁塗装が剥がれている / カビが生えている / 表面に小さな穴がたくさんあいている住宅の建物リフォーム・リニューアル工事受注件数で屋根・外壁の塗装に関する工事が1位を占めています。※国土交通省『建築物リフォーム・リニューアル調査報告』より

雨漏りをしてから急を要するお問い合わせが多いですが、住宅内に水が浸入すると壁にシミができたりカビの発生や腐食を起こし、寿命が縮みます!緊急を要する前に、是非ご検討ください!

外壁塗装の種類

アクリル塗装

特徴(メリット)最もコストパフォーマンスに優れています。建て直しの予定が近いうちにある場合や、とりあえず色を変えたいというケースには最適。
デメリット耐久性が短く、小まめなメンテナンスが必要。
塗替え時期の目安(メーカー期待耐用年数)約6年~約8年

ウレタン塗装

特徴(メリット)アクリル塗料に比べてワンランクグレードが上がる。
特徴は、塗膜に光沢があり、伸縮性がある。硬度・耐薬品性にも優れています。
デメリット耐久年数が短く、変色の可能性あり。
塗替え時期の目安(メーカー期待耐用年数)約8年~約10年

シリコン塗装

特徴(メリット)塗膜に光沢があり、一般塗料に比べて弾性(微弾性)があること。
耐久年数もある程度あり、10年以上住まれる予定であればシリコン以上がおすすめ。
デメリット弾性力は10年程度で劣化する。
塗替え時期の目安(メーカー期待耐用年数)約10年~約15年

ピュアアクリル

特徴(メリット)超耐久性でありながら、防水に必要な高弾性を有しており塗膜の伸縮率が660%と世界最高水準。ひび割れに塗膜が追随し雨の侵入を防ぎます。
デメリットコストがかかる。冬場の施工は工期がかかる。
塗替え時期の目安(メーカー期待耐用年数)約15年~約20年

フッ素系塗装

特徴(メリット)耐久年数が最も優れている。光沢感があり、防汚性も良い。
なるべく長期間塗り替えたくない建物(ビルなどにも)に最適。
デメリットコストがかかる。塗膜が硬い(建物のヒビ割れに弱い)
塗替え時期の目安(メーカー期待耐用年数)約15年~約20年

ライフスタイルや環境に合った機能性

  • 遮熱

    遮熱
    塗膜表面に当たる太陽熱を反射させて熱の侵入を防ぎ塗るだけで屋根・壁の表面温度を下げ夏場の室内温度を下げます。
  • 防水

    防水
    建物に水が浸入すると、建物の内部から腐食していきます。ひび割れに塗膜が追随し、隙間からの浸水をシャットアウトしてくれます。
  • 防カビ

    防カビ
    カビは、建物自体の寿命を縮めるほか、健康被害が発生する可能性もあります。カビや藻が発生しやすい湿気のある部分におすすめ。
  • 美観

    美観
    太陽の光(紫外線)によって親水性が生み出され、汚れが付きにくく付いた汚れも雨で流せます。自然の力で外観をキレイに保ちます。

金額について

外壁塗装金額は、家庭でも計算しやすい計算式を掲載しているサイトがよくありますが、本当の価格は家によって環境も違うので安易にできるものではありません。塗料の種類はもちろんのこと、塗料の量(下図参照)や作業の手間(ひび割れの補修の有無や狭所の足場設置)によっても価格は変動します。ですので、当初の予定より高くなった・・・、電話で聞いていた時より高くなった・・・という事がないように現地調査(無料)をしっかりと行った上で、お見積り(無料)を作成させて頂きます。劣化が激しくなるとその分補修作業の費用などが必要となりますので、気にはなっているけど…と後回しにせず早めのプロによる診断をおすすめいたします。
また『他社の訪問販売の人が来た、営業電話がかかってきて見積りを聞いた』などのご相談・お問い合わせを頂く事がございます。

例)塗料の量

  • 同じ坪数でも外周によって塗布面積が違う場合

    パターン1(外周1周=40m)パターン1(外周1周=40m)

    パターン2(外周1周=54m)パターン2(外周1周=54m)

  • 凹凸が激しい場合、塗料が多く必要
    凹凸壁

キャプテンのおすすめ塗料

キャプテンが自信を持っておススメするアステックペイントは、防水・伸縮・防カビ性で最高品質。
耐久性も高い遮熱塗料
国内では希少なピュアアクリル樹脂から作られている特殊塗料です。
耐久性は今までの塗料とは比較にならないほど高く、また塗膜の伸縮率が660%と世界最高水準です。
アステックペイントは、ほとんどが水性であるため、臭いが気にならず、施工現場周辺の住民の方々に迷惑をかけることもありません!

アステックペイントは外壁用防水塗料で20年以上の耐候性を誇ります。

  • 塗料を劣化させる最も大きな原因は紫外線。
    紫外線が日本の3倍以上あるオーストラリア生まれのアステックペイントは、紫外線に対して圧倒的な耐候性を誇ります。また、暑さや寒さ(-20℃~82℃)にも強く、塩害や酸性雨などにも強い耐候性を示します。
  • アステックペイント

住宅の寿命を縮めるひび割れからの水の浸入を防ぎます。

  • 『住宅の寿命は、ひび割れからの水の浸入によって縮む』と言われています。
    アステックペイントは、右の写真の様に伸びる性能があり、建物の動きやひび割れに塗膜が追随し、水が浸入する隙間を作りません。
  • ひび割れの比較

最高10年保証

アステックペイントは品質に自信があるため、最高10年の製品保証がついております。アステックペイント公式サイトへ

屋根

軽くて丈夫な瓦は、耐震性にも優れています。
  • 重い日本瓦は、地震が起こった際に倒壊する恐れがございますので、軽くて頑丈な瓦に葺き替えることをオススメ致します。
    無料の耐震診断も行っております。まずはお気軽にご相談ください。> 無料耐震診断を見る
  • 地震イメージ
  • 施工事例
  • お客様の声

image 資料請求・お問い合わせ image

  • お電話でのお問い合わせ 受付時間 9:00~18:00
  • FAXでのお問い合わせ 受付時間 24時間
  • メールフォームでのお問い合わせ 受付時間 24時間

Go Top